収支報告- 平成28年4月4週目

   

no image

金融緩和現状維持の結果

初心者オススメ度★★★☆☆

 

収支結果

平成28年4月25日-平成28年4月29日の収支報告です!
+35,668 でした。

28日に行われた金融緩和政策決定会合では現状維持の結果となり2円以上の円高になり、株も再び15,000円台になるという本格的なデフレになりつつあるのではないでしょうか?

すっきり!GWが円高になる理由 の記事を書きましたが、僕自身105円台に突入せざる得ない状況になりそうです。

勝手な予想ですがそのため僕は資源国である南アフリカランド(ZAR)の通貨を売りにしていますが、僕より投資歴の長い友人は買いでもっているみたいなのでどうしようか悩んでいます。。。

まあどちらにせよこの価格では買うことはありませんが笑

みなさんよろしければ下記にリンクを張るのでよろしくお願いします。
【Yahoo!基金】熊本地震災害緊急支援募金

主要なニュース

FOMC政策金利発表

FRB(連邦準備制度理事会)は27日、「経済活動の成長が減速したようだ」との発言から政策金利は据え置きという結果になりました。予想通りの結果とはなりましたが、アメリカ経済について、雇用は一段と改善したものの全体として「経済活動の成長は低下したようだ」という発言があり景気判断が下方修正されました。

日銀金融政策決定会合

日本中央銀行は28日、金融緩和は行わず物価上昇率が目標の2%程度の目標達成時期を17年度前半ごろから2017年度中に変更しました。リークされた情報からドル円は111円台まで上昇する結果となりましたが、金融緩和がされないとの情報が入ったら為替相場は急激な円高になりました。

今週の使用テクニカルチャート

MACD
RCI
移動平均線
一目均衡表

今週の雑感

アメリカ政府は29日日本など対米貿易黒字が大きい5カ国・地域の為替政策を監視対象に指定しました。簡単に言うと円安になることが牽制されたことになります。

来週はGWのため日本市場はお休みですが、国外では重要な指標なども発表され5月の為替相場にはSell in May」という格言があるくらいなので相場の急激な変動には注意してください。

一方で原油価格は上昇しており、4日ぶりに反落しましたがここから一気に下がると予想します。現状のWTI原油は1バレル=46.02の数値を叩きだしていますがこの数値は少々行き過ぎなようがしています。そのため資源国通貨を売りでもっています。

来週はアメリカの重要指標であるISM非製造業景況指数、非農業部門雇用者数 / 失業率などあるので注意していきたいところですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事は以上になります

ではでは

ざっくりまとめ

  • GW中は相場が急落する恐れがある
  • 金融緩和がされなかったため円相場は全体的に円高になった
  • WTI原油は1バレル=46ドルになり変動に注意していきたい
Share Button

Category.Tag - 初心者コラム


はまさわが本当に使ってみてお薦めするFX会社をご紹介します。

総合ランキング

初心者向け初めての口座登録